町田市で家族それぞれの理想的なお葬式を計画する基準

数珠と香典袋

気になる葬式でかかる費用

手を合わせる人

こんな悲しい時にお金の事なんて、と思う方も多いかもしれませんが、お葬式にかかる費用と言うのもはやはり把握しておく必要があります。喪主当人が無理ならば、周囲の人が出来るだけ気を付けてあげたいものです。

例えば、祭壇の規模や様式でかなりお値段に違いが出てきます。また、お棺の種類でも費用に差が出ます。しっかりと送ってあげたいと思うのは当然ですが、残った人がその後の生活に使用するはずのお金はやはりキープしておきたいものです。加えて、生前に用意してない場合戒名についてもお寺さんにお願いしますので、ここでまた出費と言う事になります。戒名の種類にもよりますが、こちらがかなりの大きな金額になりますので、そこにも心づもりが必要です。

さてお葬式と言えば、参列者がお香典をお持ちくださいます。このお香典には、お香典返しと言うのもがつきものです。現在ではその場で、お香典返しをお渡しすることが多くなりましたが、やはり地方によっては後に改めてと言う習慣も残っているようです。
実はこのお香典の金額、亡くなった方が現役で仕事をしている方の場合だと、後日お香典返しをしても充分にお葬式の費用を賄える金額になるのは、意外と知られていません。
とは言え安心せずに、出費はきちんと把握しておきましょう。