町田市で家族それぞれの理想的なお葬式を計画する基準

数珠と香典袋

葬式に欠かせないマナーとは

焼香台

葬式に参加する上で欠かせないマナーがあります。どのようなことに気をつければ良いのか非常に気になります。

一番戸惑ってしまうのは子供の身なりで、大人は喪服を着れば良いですが、子供達にはどんな服装をさせればいいのか迷います。学生であれば制服を指定して着るようにしましょう。わざわざ買う必要もなく、違和感を感じる事もありません。制服が無いのであれば、黒色の地味目な服装を心がけるのが良いでしょう。靴下は黒か白、柄物は避けるようにします。

香典を渡す場合にもきっちりとしたマナーが存在します。通夜か葬式までに香典を用意しておく必要があります。包む金額は亡くなった方との関係によっても左右されるので、しっかり間柄を把握しておきましょう。兄弟であれば大体3万円が相場で、ご近所さんであれば5千円を目処に用意します。また、貰ったことのある金額をそのまま入れて渡すのも後腐れがありません。

葬儀中に一番ダメなのが携帯の着信を鳴らすことです。事前に電源オフかマナーモードにしてくださいと促しがありますが、聞き逃してしまい何もしないと、葬儀中に鳴らす可能性があります。場が白けてしまい、モラルに欠けるので気をつけるようにしましょう。